ハウスクリーニング業者選びのポイント

インターネットで検索しても、タウンページで見ても、ハウスクリーニング業者は沢山あります。
その中からどれがいいのかを選ぶ基準に困ったことはありませんか?
初めて頼む人ならなおさらです。

そこで、ハウスクリーニング業者選びにポイントとなるであろう項目をいくつかご紹介いたします。
参考にして頂ければと思います。(あくまで私どもの考えるポイントです)

会社が近い

近い必要あるの?

とお思いの方も多いと思いますが、やはり近いほうがいいです。
お急ぎの時、そうでない時でも素早く対応された方が気持ち良いですよね。
会社の姿勢や対応力も問われますが、近い方が速い可能性は高いと思います。
「会社の考え方+近さ」でスピードが大きく変わります。
会社所在地
                                                                                         TOP

会社の形態

一昔前ですと、「株式会社」「有限会社」などである程度会社規模の目安になったようですが、今は株式会社も簡単にできるようで、あまり指標になりません。

                                                                                         
TOP

実店舗がある

お掃除の仕事は、車一台分の道具があればだいたいの事はできてしまいます。
なので、必ずしも事務所を構える必要がないのです。

ただ、一般的な「会社」という形での対応や安心感は、違ってくる場合があります。
目に見える形で事務所があり、その会社全体で対応してくれるという安心感があります。

                                                                                         TOP

会社経歴が3年〜5年以上ある

これはそのまま信頼度です。
長く続いている業者さんはその歴史が実績でもあります。
短いからといって信頼できない訳ではないですが、それまでの年数お客様に支持されて
いる実績ですので、判断の一つになると思います。
会社紹介
                                                                                         
TOP

代表者プロフィールがハッキリしている

代表者というのは会社の顔です。
特に初めて頼むときは、会社の様子が全くわからなくて不安だと思います。
代表者の姿勢・考え方が、その会社の対応・雰囲気に直結しますので、是非知りたいところ。
「自分の顔・名前・経歴を出す」という事は、仕事に対する個人としての責任感も期待できます。自信・責任感がないと出せませんよね。
代表者プロフィール

                                                                                         TOP

スタッフ紹介がある

実際にどんな人が来るのかは一番不安で一番知りたいところ。
集合写真や個人写真などで、スタッフや会社の雰囲気が伝わってきます。
また、お客様の不安を減らす、という会社の姿勢も見えます。
これは是非チェックしたいポイントです。
スタッフ紹介ページ
                                                                                         
TOP

価格が明朗で仕様がハッキリしている(仕様書がある)

普通何かを買うとき、大体予算を決めていますよね?
電話して聞くのはちょっと面倒です。
価格がハッキリと明示してあれば、見積りで予想外の金額になることも少なくてすみます。
また、物ではなく「サービス」を買う場合は何をどこまでするのか(仕様)も大切です。
「自分で思っていた作業内容と違ってガッカリ」ということも避けられます。
価格・仕様の明示
                                                                                         
TOP

お見積書を提出する

メニューがいくつかある場合は特に必要です。
言葉だけですと、聞き違い・勘違い・思い違いなど起きる可能性が双方にあります。
余計なトラブルを避けるためにも「見積書」、またはそれに準ずるものがあると安心です。

                                                                                         
TOP

物損(物を壊した)時の保障(保険)

ハウスクリーニングはほとんど人が手作業で行います。
どんな事でも人間が関わるとミスをする可能性は0ではありません。
万が一、物を壊されてしまった場合はどうしてくれるのか。非常に聞きにくいですね。
あらかじめ物損時の対応がハッキリとしていれば、万が一の時もトラブルになりにくいです。
その会社が損害保険に加入しているか、もスムーズに対応が進むポイントです。
物損時の対応
                                                                                         TOP

クレーム時の対応がハッキリしている

無いのが一番ですが、どんなものでも商品やサービスに不備がある場合があります。
その時「〜〜〜こういった対応します」とハッキリ書いてあると、多少言いやすいですよね。
言いにくくても、言った後の対応がある程度予測できるので、不安は少ないです。
クレーム時の対応
                                                                                         
TOP

個人情報保護方針が明記されている

ないところはほとんど無いと思いますが、ハウスクリーニングでは特に気になります。
家族しか入らない場所に入って数時間いるので、いろいろ見えるはずです。
それが何であれ、実際に来るスタッフが見聞きした情報はどうなるの?
という不安は誰にでもあります。
会社全体として+実際に来るスタッフが得た個人情報の保護はどうなっているのか、
という決まりごとは、確認しておきたいところです。
個人情報保護方針
                                                                                         
TOP

▲このページのトップに戻る